私が中学2年の春。近所に可愛い野良犬がいると聞いて母と見に行きました。私も母も一目ぼれ。すぐに連れて帰り、その日から我が家の家族になりました。黒と白のぶち柄だったので名前は「スポット」と父が名付けました。うちに来た頃は3か月くらいだったけど、足がいやに太くて…そのアンバランスな体型がまた可愛かったんです。
お散歩は毎日朝と夕方の2回で、兄弟3人での分担にしましたが、全く苦になりませんでした。我が家で引き取ったばかりのころは、野良犬の時間が長かったのか、何度も脱走しては捕まえに行くというのを繰り返してました。やっと我が家の一員になってからも脱走していましたが…。その時は、自分で帰ってきて、「外で遊んできたよ」と言わんばかりの顔をしていたのがおかしかったです。ただ、後から知ったことですが、ご近所さんの庭に入ってうんちしたり、そのお宅で飼われている犬にちょっかいをかけたりと悪さをしたこともあったようです。
当時学校生活がうまくいってなかった私でしたが、スポットが来てからは毎日楽しくて、明るい自分に戻ることができました。
帰宅すると、家に入る前に外からお庭のスポットの様子を見ることが日課になりました。いつもスポットはすぐに私を見つけ、尻尾を振っていたのを昨日のことのように覚えています。一人暮らしを始め、車で帰宅するようになると、その車の音で私が帰ってきたのに気付いていたと母が教えてくれました。一人暮らしを私が始めたころは、もうスポットも年をとっといましたが、私が帰宅しお散歩に一緒に行くと、以前と変わらないスポットのようでした。しかし、それは私に対してだけだったようです。スポットは病魔に侵されていたのです。母とスポット2人(?)の時は、もう疲れた顔をして元気がなかったそうです。母には自分のすべてをさらけ出していたのでしょう。でも、私は病気のことを知らなかったからか、心配をかけたくなかったからか、若いころと同じようにふるまっていました。あの頃、仕事が楽しかった私は、なかなか実家に帰ることができませんでした。そのことを今でも後悔してます。母から、「スポットがいつも以上に元気がない」と聞き、友達のところへ泊まりに行く前に、実家に立ち寄りました。いつものように私を出迎えてくれたスポットは、私がまた帰ろうとするとすごく寂しそうにしていました。あの顔は今でも忘れることができません。
立っているスポットの姿を見たのはそれが最後でした。翌朝、大雪が降り非常に寒い朝、弟から「スポットがぐったりしている」と連絡をもらいすぐに家に帰りました。電車が運転見合わせになってしまい、苦労して帰宅すると、ぐったりして自分ではもう起き上がることができず、でも私のことを見て起き上がろうとするスポットがいました。帰宅してからずっとスポットに付き添い、夕食を取るときに少し離れたとき、突然悲鳴のような声をあげて数分後に息を引き取りました。たぶん私たちのことを呼んだのだと思います。
なんでもっと遊んであげなかったのだろう。なんで体のことをもっと早くわかってあげなかったのだろう。後悔はつきません。でもスポットは私にたくさんのことを教えてくれました。私の中で生きています。ありがとう、スポット。

 

迷い犬との思い出について、紹介したいと思います。
もう随分前のお話になりますが、当時私が小学校4~5年生の頃です。
当時の私の家はアパートの1階にあり、庭に面した部屋には大きな
窓があったのですが、ある日何の前触れも無く、1匹の犬がその大きな
窓の下に、うつ伏せに寝転んでいました。
それはまるで、もう長い間同じ場所でくつろいだ経験があるかのように
ごく当たり前のような姿で寝転んでいました。
その犬は恐らく4~5歳位の柴犬でした。ごく簡単な飾りの首輪をして
いただけなので、誰かに飼われていたのだという想像はついたのですが
それが誰なのか、知るすべがありませんでした。

それでも本当の飼い主が現れるかもしれないという事で、1週間そのままの
状態にしておきましたが、母親からの厳命により、本当の飼い主が
探しに来た時にトラブルになってはいけない事、それまでの間我が家を
自宅だと思って居ついてはいけないという事から、餌は与えない事
になりました。

私は当時バスで学校に通っていたのですが、毎朝学校に行く時は
バス停まで一緒に行き、私が学校から帰ってくる時間になるとバス停で
待っているという状況が続きました。
最初はおっかなびっくりだった私も、じわじわと愛着が沸いてくるように
なりました。それを察したのだと思いますが、犬が我が家に来て最初の
日曜日に、母親が犬を連れて家から1時間以上自転車で走った位のある公園
に犬を連れて行き、そこに迷い犬の札を置いて犬をリードで固定し、
飼い主さんが見つかりますようにの願いをこめて別れてきました。

寂しい思いもありながら、母親には本当の飼い主さんの元に戻る事が
あの犬にとっては一番幸せなんだと諭されながら、家路につきました
が、家に帰ってみると我々を待っていたかのように、犬は庭先にいつもの
ように寝そべっていました。犬の帰巣本能というのでしょうか、私も母も
心の底から驚きました。
結局次の週が始まり、また私の登下校を犬が送り迎えする毎日が始まり
ました。

そしてその週の日曜日、兼ねてから動物を飼いたがっていた私は、母親に
飼いたい飼いたい!と懇願しました。
しかし、アパートである事やどんな経緯で家に迷いこんで来たか分からない
事、本当の飼い主が現れるかもしれない事、そして私自身が犬の面倒を見切
れないという事から許可をもらえませんでした。

そこからは母親は、保健所など方々に電話で問い合わせをしていたようでした。
その当時保健所というところが犬にとってどういう場所なのか私は理解して
いなかったのですが、母親はそんなやり取りを私に聞かれまいとしたのか、
私の居ない時を見計らって方々に連絡をしていたようでした。

後から母に聞いたところ、当初は犬を保健所に預けようと思っていたようです。
しかし、母や親兄弟も含めて元々動物には非常に愛着を持っていたこともあって
さすがにそれはできないと思い返し、方々に相談をしたうえで、飼い主さんが
見つかるまでという条件付で、アパートの大家さんにも許可を頂き、犬を
飼っても良いことになりました。
私は飛び上がらんばかりに大喜びした事を覚えています。
迷い犬は正式に(?)家族の一員になりました。

結局本来の飼い主さんが現れる事なく、大往生を迎えるまでの数年間
学校への送り迎えを日課に、とても楽しい毎日を過ごしました。

後から思ったのですが、帰巣本能というならなぜ元々の飼い主さんの元へ
戻らず我が家に戻ったのか、今となっては知る術はありませんが、
一人っ子だった私は子供なりに、一時的に兄弟が来てくれたんだと思いました。

今でも大切な思い出です。

実家で父→母→犬→私の順で偉いと思ってる犬は完全に私のことを下に見て舐めてるところがあります。
父は怒ったりしないけどジャーキーなどを勝手にあげるので好きなんでしょう。
母は毎日ご飯を作るので従います。
私は散歩に行く程度で私が遊んであげてるのに犬からしたら〔しょうがないから遊んでやってる〕くらいに思っているらしく
散歩に出かけて最初は軽い足取りで歩いているのに急にダッシュしたり、テニスコートの近くの茂みからボールを加えて出てきて私に〔投げろ〕というそぶり。
そして投げるのですが少しミスって違うところに飛ぶと〔ああ、そっちじゃないよ。取りにいけよお前〕的な顔をしてじっとそこに停止、目だけでボールを追っています。
部活の先輩のようです。
コタツで私がうとうとしてると私の顔の近くに座ってきてかわいいやつだなと思っていたらくるっと方向を変えて顔に向けてぷっとおならをすることだってあります。
小さいからだをしてるくせに人間並みにくさい…
しつけをしないといけない時期に事故にあってしまって甘やかして育てたのでしつけもできず
靴を噛むのが趣味。
お客様が来たときはすべて高い棚にあげるので無事ですが、私の部屋においてる靴などはよだれまみれになったことがあります。
小さい牙なのに噛んだらすごい力で離さないのでおやつで気をそらせてものを回収してたら
悪さをすればオヤツがもらえるとおもってしまったらしく悪巧みはとまりません。
こんな悪いやつですが最近は食も細くなってきて散歩も遠くへはいけなくなってきました。
長生きなのですが、長年生きてると椎間板ヘルニアや歯槽膿漏など人間の病気名にかかったこともあります。
この先ずっととはいかないかもしれないけれど悪さにとことん付き合っていこうと思っています。

小学生のときに近所のペットショップで飼っていた犬に子犬が6匹産まれたと父が聞いてそのうちの一匹を格安で譲ってもらえることになりました。
一匹はすでに引き取り手が決まっていたので5匹のヨーキーの中から選ぶことになり家族で観にいくとみんなスヤスヤ眠っていたのに一匹だけパチっと目を覚ましこちらにとことこと歩いてきた男の子が私の指をペロンと舐めたのでこの子だと思い即決しました。
一人娘の私に弟ができた瞬間でした。

小さい弟は良くご飯を食べ、手のひらサイズだった体もどんどん大きく成長しました。
散歩は私の役目。
子犬なので朝は軽く、学校から帰ったら思いっきり遊びました。

ある日いつものように学校から帰ってきてから散歩に出かけて信号待ちをしてると弟がグンっと体を張った瞬間にリードが引きちぎれそのまま道路に飛び出し車にはねられてしまいました。
小さいからだが飛んだと同時に私の叫び声。
駆け寄ると目をとじたまま動かない弟。
弟をひいた車はそのまま走りさったのですがペットショップのおじさんが私の声を聞いてすぐに出てきてくれて病院を探してくれました。
病院を探してるときにも弟を抱きかかえてて震える私の元にスーツを着た男性が歩いて近づき
〔ちゃんとつないどけボケ。〕とはき捨てていきました。
車の運転手がそれだけ言って去っていったのです。
悔しかったけど今は弟のことだけを考えようと思っていると病院が見つかりすぐにつれていってくれました。

鼻から血が出てるので危険な状態でした。
一命は取り留めたものの先生から肺が爆発してる。
好きなものをたべさせて好きなことをさせてあげてくださいといわれたので家に帰ってからもずっと寝ずに体をさすって隣にいました。
やまだといわれた3日を過ぎ、一週間、一ヶ月を過ぎ弟は何もなかったかのように元気な姿に戻ってくれました。

最初は散歩に行くのが怖いって思っていたけどブンブンしっぽを振ってくる弟の首には太いリードをつけて信号では抱きかかえて待つようにしました。